女の人

助産院で自然出産|一覧サイトで病院探し!

体調管理をする

妊婦

妊娠している方は多くいますよね。赤ちゃんが生まれるまでの間は、お腹の中で成長していきます。そのため、口にする食事や飲み物などに気を使った方も多いのではないでしょうか。また、10ヶ月に入ると臨月と呼ばれており、出産が近づいてきて体から様々なサインがあります。人によって現れる症状は違いますが、お腹が下がる、お腹が張る、強い吐き気、便通が良くなるなど様々です。また、胎動の回数が減っていきます。出産までは胎動はあるので、感じられなくなった際には注意が必要です。一日感じないという方は、通っている産婦人科に問い合わせてみましょう。

臨月迎えることで、気を使っていた食事に気が緩んでしまう方が多いです。そのため、食べ過ぎてしまい体重が増えてしまいます。また、臨月になると胃を圧迫していた赤ちゃんが下がり始めるので、食欲が増しやすいといわれています。食事を摂り過ぎてしまうと、妊娠高血圧症候群、妊娠糖尿病を発症してしまう可能性があります。これらの病気になると、お腹の赤ちゃんに悪影響を与えてしまいます。早産になってしまったり、帝王切開になってしまったりしてしまいます。難産になってしまい、母子共に命が危険になります。これらの病気を引き起こさないためにも、臨月の際には体調管理が大切だといえます。食べ過ぎないためにも、食事の量や食べる順番、無理のない程度に運動をするなどをして管理しましょう。体重が増えてしまっても、尿検査や血圧などの数値に異常が無ければ問題はありません。なにか不安なことがあれば担当の医師の相談しておきましょう。